ta-taのまるごと立山日記

7/28-29 早月尾根〜剱岳

2015/07/31【剱岳, 2015年, 早月尾根


 

剱岳を目指して1泊2日のテント泊。友人と2人で早月尾根コースを登ってきました。

標高差およそ2200m!!

富山平野から真正面に見える剱岳への尾根を真っ向から登るコースです。平野から眺めていると、いつかは必ずと誰もが思うのではないでしょうか?

 

(写真は2013年の春に、早月川・伊折橋から撮影したものです)

IMG_0208 のコピー_mini

 

コースタイムは1日目、馬場島〜早月小屋 (5時間10分)

2日目は早月小屋〜剱岳〜馬場島(8時間50分) トータル14時間

 

このコースの一番の注意点は水場がないこと。

馬場島のキャンプ場に水場があるだけで、他は早月小屋で水を購入します。(2リットルの水 900円!!!)

 

長い行程と気温の高い樹林帯を歩いていくので、十分に水分の用意が必要です。

下界で2リットル 100円以下で買えると思うと、かなり高級な水ですが命にはかえられません(‐_‐;)

私も今回2.5リットルを持って上がり、小屋で購入。テント泊でしたので、食料としての使用もあり計4.5リットルがスッカラカンになりました。

抑えていたものの、かなり水分を必要とし、下山中の蒸し暑さも加えて体温が上昇、参りました。

 

もうひとつの注意点は、虫。行程の7割は樹林帯です。

ヤブ蚊、ブヨ、体にまとい離れません。私、山舐めてました。これが一番の反省点。

友人が持っていた「ハッカ油スプレー」これテキメン!

虫を避けてくれる上に、萎えそうな山行にスーッと爽やかな香りが気分を良くしてくれました。

他にもにゴミや汗の匂いも抑えてくれるなどかなり万能です!  買わなきゃ〜!!

 

危険度は、高度感とスリルがある別山尾根のほうが、リスク高いコースです。

早月尾根は標高が低い分、暑さ、水分に気を使い体力が必要とされます。

今回、早月の小屋の方からは岩場手前のザレ場は足元がもろいから気をつけてとの注意がありました。

 

 →→→7/28-29 早月尾根〜剱岳(1日目)

 

 →→→ 7/28-29 早月尾根〜剱岳(2日目)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP